スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い太陽の塔

愛知県犬山市 日本モンキーパーク (2013/08/24)


芸術は爆発だ!
それなりに大人な年齢の方であればこのキャッチフレーズを聞いたことがあるはず。
そう、岡本太郎の言葉。
なぜ爆発なのかなどは彼の著書を読んでいただくとして。。。

で、岡本太郎といえば太陽の塔。
太郎を詳しく知らぬ人でも、大阪万国博覧会のメインモニュメント「太陽の塔」を知らぬ人はそう居ないものと言い切れる知名度があるはず。
万博のテーマは「人類の進歩と調和」、太郎は万博のテーマプロデューサーを引き受けておきながら「人類は進歩なんかしていない。いまの人間にラスコーの壁画が描けるか。調和? 皆が互いの顔を立てて60点で満足する調和なんて卑しい」と吐き捨てた。
その言葉の末に生まれ出たのが太陽の塔。
大阪万国博覧会のメインモニュメントとして1970年に作成された太陽の塔は、現在の万博公園で一人気を吐いて立ち続けている。

さて、その太陽の塔の試作品とも言われる塔が、愛知県は犬山市の日本モンキーパークにある。
製作年は1969年、太陽の塔の1年前。
その名を「若い太陽の塔」という。
2003年頃を最後に老朽化の理由から近づけない状態となっていたが、2010年の太郎生誕100周年、日本モンキーセンター開設50周年、この二つの節目に合わせて限定公開。
その後本格的な修復を経て今では通常公開されている。
そんな若い太陽の塔を見に来たというわけ。

日本モンキーパークはサル園と遊園地に大別される造りで、遊園地側から入園し石段を上るとすぐに若い太陽の塔への案内が現れる。
吸い込まれるようによく整備された遊歩道へ足を進める。
遊歩道の写真は撮り損ねた。。。
DSC00956_R.jpg

遊歩道入口から徒歩5分とあるが、実際には歩いて3分ほどで塔へたどり着く。
鬱蒼とした木々のトンネルを歩くので蒸し暑くもあったが、視界がぱっと広がり心地よい風が吹いていた。
DSC00958_R.jpg

念願のご対面。
この塔が育って太陽の塔になるのだ。
この時点ではまだ顔は一つ。
DSC00969_R.jpg

見ての通り、塔中央部には螺旋階段が走っている。
この階段を登れば塔中段部の展望エリアに上がれる。
DSC02076_R.jpg

展望エリアから顔を見上げる。
まさしく太郎の子、である。
塔横にあるプレートには、こうあった。
「"若い太陽"
ひろびろとした丘の上に
"若い太陽"が生まれる
日に日に新しく生れ変る
われわれの生命の象徴(シンボル)
金色に輝く顔はおおらかに
バイタリティを放射する
赤 青 緑の粧いは
濃い青春の彩である
岡本太郎」
DSC02078_R.jpg

顔を裏側からみるとこんな感じ。
塔の伸びやかな体がよく見える。
DSC00970_R.jpg

展望エリアからは犬山の景色が良く見えて、先ほどよりさらに気持ちの良い風が吹き抜ける。
目下の方向に目をやると、何かの遺構と思われるコンクリート建造物のあとが。
DSC00971_R.jpg
DSC00972_R.jpg

ほら、これですよ。
昔はケーブルカーなどでここまで登ってくることができたらしい。
今ではコンクリートの基盤が残るのみで、それがロープウェイだったのかケーブルカーだったのか、見る限りではわからなかった。
DSC02077_R.jpg

若い太陽の塔の存在を存分に楽しんだあと、園内をゆっくり散策。
さまざまなものがさまざまな理由から廃止されたりしているらしく、少しさみしくも感じた。
入園者数は決して少なくないのだが。
以下、写真いろいろ。
DSC00976_R.jpg
DSC00977_R.jpg
DSC02090_R.jpg

日本モンキーパーク、親子連れには特に楽しめる空間だった。
楽しんで園を出たあとも、太陽は人々を熱く見つめていた。
DSC02100_R.jpg



大きな地図で見る
スポンサーサイト

tag : 岡本太郎 日本モンキーパーク 遊園地 アート 太陽の塔 若い太陽の塔

夢見ヶ崎動物公園

川崎市幸区 夢見ヶ崎動物公園 (2011/10/29)

我が家から程近い場所にある市立公園、夢見ヶ先動物公園。
名前の通り公園でもあり動物園でもあるちょっと変わった公園。
小高い丘の上全体が公園になっていて、広場もあり動物園もあり寺あり神社有り、そして古墳あり。
小高い丘そのものは自然に出来たものなのか人口のものなのかは分からないけれど、この丘と周囲には古墳が沢山ある古墳群、それがこの公園の遥か昔の姿。
写真は広場のもので、小さな四角いブロックで円が形成されているの分かりますかね?これ極近にあった加瀬台7号古墳という円墳のサイズを示していて、奥の大きな植え込み一体には白山古墳という前方後円墳をやはりタイルや石柱、樹木等で示している。
IMG_0088.jpg
IMG_0083.jpg

こんな記事を9ヶ月前に書きかけたまま放置してました。
近日追記したいと思います。
古墳跡だけじゃなく、古墳が複数現存するんですよ、ここ。


プロフィール

nkmrng

Author:nkmrng
本やメディアで知るも良いけど、やはりこの眼で見なくちゃね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。