スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝珠院

東京都港区 宝珠院 (2014/05/06)

有名な芝の増上寺。
徳川家の菩提寺としても有名ですね。
漫画家による仏の世界展を見に行こうと、ふらっと寄ってみたわけです。
写真にもある通り、増上寺の後ろは道路はさんで東京タワー。
zojoji_R.jpg

で、その道路をちょいとだけ横に逸れると、宝珠院というお寺さん。
もとは増上寺の塔頭寺院だったのですかね?
調べれば良いのですがまあそれは置いておきます。
こんな感じでいかにも町のお寺。
後ろ振り返れば東京タワー。
DSC00518_R.jpg
DSC00527_R.jpg

さて境内へ。
このお寺には"開運出世辨才天"が安置されていると。
お寺の案内によれば、「三井寺の開山智証大師が八五八年竹生島で奇縁に依り彫られその後源家に伝わり再興に当り源頼朝公深く信仰し、、、徳川家康公も厚く信仰され、、、除波辨才天を改め開運出世辨才天、、、」
なるほどなるほど、辨才天の縁起を読む限りではなかなかの由緒を持つ尊像らしいですね。
それに港区指定有形文化財として"閻魔大王坐像及び司録・司命半跏像"もあるとか。
ちょっと楽しみになってきましたよ。
DSC00520_R.jpg

お堂の前まで来るとこんな立札が。
"三竦み"ありました!じゃんけんアルゴリズム!
境内にこのヘビ・カエル・ナメクジが点在し表現されています。
二つは簡単に見つかりますが、思い込んで探すと残る一つは見つけるのが案外難しかったりします。
DSC00513_R.jpg

残る一つはきっとこうだ!と思い込んでいたので見つけるのに手間取りましたが、あーこれかー!とやっと見つけてお参りです。
開運出世辨才天様になむなむ。
お前立さんが見えますね、弁天様の表現の通り美白フェイスなお方です。
後ろの厨子にあるご本尊様は竹生島辨才天に似たお姿なのかな?
ほかにも大きくないながら多数の尊像がありました。
内陣で拝んでみたいものです。
DSC00521_R.jpg

そして隣にある閻魔さんのところへ。
寄木造で像高2メートル、司録・司命に人頭杖もそれぞれ独立しておかれていますね、これはなかなか!!
貞享2年(1685年)作とされているらしく、江戸の人々もさぞビビりながら拝んだことかと。
DSC00525_R.jpg

そしてこの窓のところに面白い語句が記されておりまして。
「閻魔様のお参り方法 久遠の過去より現在までの罪障を閻魔大王の前で悔い改めましょう ~中略~ すべての悪い行いは体と言葉と心のありかたから生まれました」
続いてこうありました。
「下の懺悔偈を閻魔大王様の前にて心静かに合掌し三度唱えると、今まで犯した罪は全て許されます」
まじか!懺悔偈を唱えると過去の罪は許されるのか!!!
まさかの過去所業リセットシステム発見、もう迷うことは何もありません。
当然ながら三度唱えさせていただきましたよ懺悔偈。

懺悔偈:
我昔所造諸悪業 (がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋痴 (かいゆむしとんじんち)
従身語意之所生 (じゅうしんごいししょしょう)
一切我今皆懺悔 (いっさいがこんかいさんげ)

訳としては、
「はるか昔の過去世から、現世まで重ね続けてきたもろもろの悪しき所業は、すべて、始めなき始めから好みに具わってきた、貪り、瞋(いか)り、愚かさによるもので、それらすべての所業は、身と口と心の働きによって生じたものです。いま、そのすべてを懺悔いたします。」
ですって。

この懺悔偈は覚えておいて、閻魔様にお会いするたびに3回唱え悪行記録のこまめなリセットを掛けるようにすれば便利ですね。
リセットしすぎじゃぼけー!と怒られそうでもありますが。
DSC00516_R.jpg

増上寺は都会のほぼど真ん中近くにあり参拝も容易、そのついでにと言ったら失礼ながらも宝珠院へ訪れてみてはいかがでしょうか。


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

nkmrng

Author:nkmrng
本やメディアで知るも良いけど、やはりこの眼で見なくちゃね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。