スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

威徳山影向寺

神奈川県川崎市宮前区 威徳山影向寺 (2012/01/01)

影向寺。
うちの実家から歩いても行ける距離にあり、寺の存在は知っていたけどその名も知らずいつも前を通るだけ。
寺巡りが好きになってからも灯台下暗し的な存在であり、まさか7世紀終盤からの歴史がある寺とは知りもせず。
このブログを書くまではずっと高津区だと思っていて、調べてみれば川崎市宮前区というちょっとした驚き、それくらいの距離感のお寺でした。

ツイッターを通じて得た情報によれば影向寺はやはり古刹であり、平安期の薬師如来や日光月光菩薩がお住まいであるとか教えてもらっちゃったものだから俄然気になるお寺にランクアップ!
がしかし、これら尊像の御開帳は、

 ・新年三ヶ日
 ・春分の日/秋分の日
 ・11月3日の縁日

だけ。
そして拝めるのはガラス越しでの状態。
それでも実家からほど近い場所で拝める平安佛、御開帳となる日を心待ちにしていよいよ新年三ヶ日到来!
元旦に実家へ親戚顔合わせをするために寄るのは恒例行事でして、このタイミングを狙っていたんです。

新年の親戚顔合わせも佳境を超えてこそこそと離脱、歩いて影向寺へ向かいます。
バイクや車で走ってると気付かないけれど、庚申さんが案外普通にころころっといらっしゃっていい感じ。
そうそう、書きそびれましたがここは天台宗のお寺です。
DSC_1439.jpg
DSC_1442.jpg

お寺は初詣の人で結構賑わってる。
おみくじも無理矢理な感じで結ばっているのが結構好き。
DSC_1443.jpg
DSC_1444.jpg

さて本堂に、、、という参道右側に六角堂。
六角形が好きな人といえば、ほらあの人、聖徳太子さんですよ。
ここは正しくは太子堂と言うそうで、こちらも御開帳のタイミングに合わせてお出ましらしく、鎌倉時代後期の方だそうです。
眼光鋭いね~、塊魂で王子が失敗こいた時の王様の眼光と近似していますね、頂点に立つ人の眼をいうことで。
DSC_1455.jpg
DSC_1454.jpg

んでもって本堂。
入ってみましょう。
正しくは薬師堂になる場所です。
DSC_1457.jpg
DSC_1446.jpg

本堂に座を構えるは薬師如来様。
江戸期の金銅さんらしいですよ。
こちらはこちらで良い感じの佛様ですね、金銅佛も独特の味わいがあって好きです。
けれど今日のメイン佛さまは本堂裏の収蔵庫にいらっしゃいますよ。
江戸期の天井画も結構ちゃんと残っています。
DSC_1452.jpg
DSC_1453.jpg
DSC_1447.jpg
DSC_1449.jpg
DSC_1448.jpg

さてさて、本堂のお薬師様にお参りも済ませたので、いよいよ噂の平安薬師様に会いに行きましょう!
本堂の真裏なので歩く事30秒程度で収蔵庫に着きます。
先述の通りガラス越しでの拝観となりますが、みな一目拝ませてもらおうと覗き込んでいます。
DSC_1458.jpg

やっと私の番が来ましたよ、覗き込んでみます。
うひょー!いらっしゃるいらっしゃる!
DSC_1459.jpg

薬師如来に日光月光さん、そして両脇を守る二天像は平安時代後期のものだそうです。
時代的に刻眼であるけど玉眼見慣れちゃうと刻眼のほうがいいんだよね、この素朴さの表現の大きな後ろ支えになっているようにも感じるし。
あと手足ね、本当に分厚くてどっしりしている。
これだけの手足であれば救いまくって頂けるのではないかな。
いいよねえ平安佛、大好き。
後ろにごっそりいらっしゃる十二神将はガチャで出たものを並べた、、、、わけではなくて、この方々だけは時代が異なって南北朝時代の作なのだそうです。
確かに他の尊像とは風貌が異なります。
なんかね、ファニーなんですよ、ここの十二神将。
この収蔵庫の中の佛様、どの人も強烈なまでの存在感を醸し出していて拝みに来て大正解でしたよ!
DSC_1460.jpg
DSC_1461.jpg

いや~、いい!とてもいい!!なんてガラスにへばりついて収蔵庫中を眺めていたら、どーん!ぐらぐらぐらぐらぐら、、、
そう、この日は鳥島近海でM7.0の地震が発生し、川崎もたいそう揺れました。
お寺で地震に遭遇するのはこれが初めてで、揺れそのものがかなりなもの。
境内に植わる樹木なども大きな音を立てて揺れていましたが、佛様たちは涼しい顔で揺れを物ともせずですよ、頼もしい。
DSC_1464.jpg

元旦早々、地元で多数の平安佛を拝み大満足の年明けとなりました。
また元旦早々の地震、今年も気を抜くなとの啓示と受け止め、お薬師様に地震が起きたとしても被害小さく済みますようお願いしておきました。
そんな2012年のスタートです。


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nkmrng

Author:nkmrng
本やメディアで知るも良いけど、やはりこの眼で見なくちゃね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。