スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸獄山総持寺

神奈川県横浜市 総持寺 (2011/09/11)

カーナビ目的地を家から総持寺としてセットすると、凡そ5.5kmと教えられる。
それくらい近いところにあるのが総持寺。
総持寺と言うと西国巡礼札所を思い浮かべる人が多いと思うが、横浜で総持寺と言えばここ。
家からも比較的近いため、いずれ行く事もあるだろうと思ってずっと時ばかりが過ぎたが、ふと訪れてみたくなり行ってみた。
このお寺、正しくは曹洞宗大本山諸獄山總持寺と言い、永平寺と共に曹洞宗の中心に当たる。
JR鶴見駅から歩いて数分の所に8万坪の寺領、相当に広い。
DSC03647.jpg

総持寺、開山当初からこの地にあった訳では無く、元は能登半島、石川県輪島市に瑩山禅師が元亨元年(1321年)に開いたお寺がオリジナル。
開山翌年には後醍醐天皇の庇護を受け、曹洞賜紫出世第一の道場として定められた事により興隆、七堂伽藍を備え全国に多くの末寺を生むに至った。
末寺の数は1万3千から1万6千とも言われる。
しかし明治31年4月13日夜、本堂から出火した火事によりに伽藍の殆どを消失するという不幸に見舞われてしまった。
ここで凄いのがただ復興を目指すだけでなく、「
現代での教化軸足を人の多いところへ」と寺基を首都圏の鶴見に移すとしたこと。
明治40年に国からの移認可を受け、明治44年11月5日、遷祖式をもって正式にこの地に根付いたとされる。
そこで気になるのが元来の能登総持寺、今ではそこも復興を果たし、諸獄山総持寺祖院として曹洞宗の立派なお寺であるというから面白い。

緩やかな登りの参道の向こうに見えていた三門、デカい。
けれど造りは近代的かな。
仁王様も5mはあろうか、相当大きいが塑像と思われる。
ただ足などは鉈彫りのような仕上げになっていて面白い。
P9110319.jpg
DSC03651.jpg
DSC03653.jpg

とにかく今日は暑かった。
空と雲のコントラストがまぶしい。
P9110322.jpg

三門を抜けて右手に向唐門がある。
大きな菊の御紋を掲げた門戸は、後醍醐天皇勅願である事を示しているのだろう。
調べれば古い門では無いようだが、味のある門だ。
石畳が陽を照り返してどうしてもカメラの露出を引っ張ってしまうので、補正して門の姿を写してみた。
DSC03655.jpg
DSC03656.jpg

香積台というお堂に日本一大きいとされる大黒様が居るけど、今日は法事等がとても多く、香積台がその待ち合いに利用されているため、無理に入る事はしなかった。
また今度だね、近いんだし。
金鶏門を抜けて境内奥へ入る際、この門、実は百間廊下と呼ばれる回廊の一部である事を知る。
板敷きの廊下は綺麗に磨き上げられて黒光りしている。
DSC03657.jpg
DSC03674.jpg

公園のように整備された境内道を歩くと大祖堂へ出た。
京都の本願寺本堂に比べれば小さいながら、負けぬ勢いのあるお堂。
中ももちろん広い。
涼みがてらに椅子でノンビリしていたら、お坊さんが一人また一人と増えてくる。
そうこうしているうちに最後は纏まってやってきた。
程なく法要が始まったが、折々に東日本大震災の言葉が聞こえる。
今日は東日本大震災が発生して半年、おまけにこの時間はその発生時刻。
総持寺としての公式な東日本大震災法要は昨日9月10日の正午から行われたらしいが、これもその一環なのだろう。
DSC03658.jpg
P9110326.jpg
IMG_4610.jpg
DSC03664.jpg

大祖堂の隣が仏殿。
石敷床にはゴミ一つ落ちていない凛とした空間で、別名を大雄寶殿という。
釈迦三尊を祀っているが、脇侍はコンガラセイタカに見えて仕方が無い。
若しくは高弟か?
お堂すぐ隣には今年完成したと思われる銀色に輝く聖観音様もいらっしゃった。
DSC03667.jpg
DSC03668.jpg
DSC03670.jpg
DSC03665.jpg

その更に隣、放光堂。
鶴見総持寺の境内にあるお堂等は、その殆どがここで立てられたもので古くても明治時代、多くのものが大正時代のもの。
放光堂はその中でも少し異色で、安政年間に建築された山形鶴岡の総穏寺本堂を寄進してもらったものらしい。
総持寺凄いわ。
中には阿弥陀三尊と思われる像があったが、はっきり見えず良くわからなかった。
DSC03673.jpg

他にもまだお堂があったけど、余りに暑いため避暑も兼ねて宝物館へ。
ちょうど寺宝展やっていて、清涼寺釈迦像のような衣紋の釈迦如来座像がいたり、大将軍神像があったり。
DSC03675.jpg
DSC03676.jpg

なんだか疲れてしまい、また後日来た際に残る箇所を見ようということで本日はここまでとした。
近日再訪するので、また追記することとします。

そうだ、2011年11月5日、総持寺は御移転100年だそうです。
大きな法要もきっと行われるでしょう。
見に来てみたい。
IMG_4593.jpg


大きな地図で見る
関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

nkmrng

Author:nkmrng
本やメディアで知るも良いけど、やはりこの眼で見なくちゃね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。