スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南禅寺

静岡県賀茂郡河津町 南禅寺 (2012/12/08)

南禅寺、南禅寺、南禅寺。

はい、今度は声を出して読んでください。
南禅寺、南禅寺、南禅寺。

はいみなさん正しく言えましたか?
答えは、、、
「なんぜんじ」、「なぜんじ」、「なんぜんじ」。
奇数回目の南禅寺は京都南禅寺のそれ。
偶数回目の南禅寺は伊豆南禅寺のそれ。

てっきり「なんぜんじ」と読むと思いきやいやこれが違うんですよ、伊豆川津の南禅寺は「なぜんじ」と発します。
お寺の名って音読み訓読みだけでも十分な罠な読みが多い。
そこへきて教えてもらわない限りには読めない「なぜんじ」。
最初のうちは読めぬ寺名シリーズのお寺か、それくらいに思ってた。
この時、南無阿弥陀仏の南は「な」と発していることを見事に忘れながらそう思ってた。

伊豆は河津町、伊豆急行が行楽客を乗せて走る海の近い場所。
そこから山の生活道をちょいと入り込むと南禅寺がある。
本当に車一台分しかない急坂を少し登ると大きな杉木立に囲まれてお堂が現れる。
DSC01591_R.jpg

江戸時代に建てられたとされるお堂、この中に24もの尊像がいらっしゃるそうだがこのお堂でお会いできるのも'13年1月末まで。
DSC01592_R.jpg

'13年2月20日に隣で建設中の「伊豆ならんだの里 河津平安の仏像展示館」がオープンするとのことで、尊像はそちらへ移動されて展示拝観となるらしい。
オープンもそう遠くない話、この日も急ピッチで建設が進んでいた。
DSC01617_R.jpg

一礼して入堂。
小さなお堂で狭い堂内に目をやればもう驚きの仏像世界。
なんだここは!なんだこれは!!
DSC01593_R.jpg

堂内中央正面には薬師如来坐像。
大変ふくよかなお姿で、室生寺の釈迦如来像には及ばぬものの、それを思わせる衣紋が見事な立派な像。
この薬師さんはなんと近年盗難にあい、巡り巡って行き着いた先の骨董商が南禅寺の像ではないか?と連絡を寄こして、町民がお金を出し合って像を買い戻したとか。
骨董商も事情を知ってバーゲン価格にしてくれたり、なんと盗んだ犯人もその買い戻しに反省の意を込めて出資するなど、驚くやらハートフルやら面白いエピソードをお持ちのお薬師様。
PC080020_R.jpg
PC080019_R.jpg
DSC00348_R.jpg

その左右には地蔵菩薩立像と聖観音菩薩立像。
聖観音菩薩とされていたのはつい以前までで、頭部の菩薩面装着穴が発見されて十一面観音菩薩立像であったということが'11年頃から認められ、今では十一面観音立像とされていた。
観音様は五代目三遊亭圓楽にしか見えなかったのは秘密。
PC080022_R.jpg
DSC00346_R.jpg
PC080016_R.jpg
DSC00349_R.jpg

と、この三尊まではガラスに遮られてこれ以上近づけなかったけど、これ以外は見事な破損仏オンパレード!
欠け仏部の方なら血圧上昇間違いなしの尊像がずらりと。
この左の方は帝釈天さんだったかな?ちょいと不明だけど甲冑の上に衣という斬新な衣のまとい方。
お顔のところだけ見事に欠損してしまっていますが、相当に格好良い像だったことは想像に容易い姿。
そして右のお方は梵天様。
なんですかねこの男前な顔立ち、格好良すぎ。
DSC01599_R.jpg
DSC01600_R.jpg
DSC01601_R.jpg
DSC01613_R.jpg

そして菩薩形立像に十一面観音立像。
特に凄かったのが十一面さん。
こんなにも欠損しているのに、眺めているとみるみるそのお顔立ちが「はっきり」と見えてくる。
これは本当に鳥肌ものの経験だった、これまでも欠け仏や破損仏を数多く見てきたつもりだけど、こんな経験は初めて。
写真でもそれなりに目鼻立ちは想像つくけど、この凄さは直接お会いしないと伝わらない凄さ。
しばらく黙って眺めるしかなかった。
DSC01596_R.jpg
DSC01594_R.jpg
DSC00353_R.jpg
DSC00354_R.jpg

圧倒されぼーっとしているところに、管理のおじさんががさごそと破損仏ゾーンから出してきた欠け仏パーツ!
出してきてくれて説明を受け、挙句には「いいよ触ってみても。持ってみてもいいよ。」とか!
平安の仏のパーツを好き放題に触れる機会なんてそうないですからね、ご厚意に甘えて触るわ持つわ!
木の種類によって重さが相当違うことなども実感でき、良い体験。
おじさん、「その仏の足を枕にして寝ていいよ」なんていうものだから、合掌して膝枕もしてみた。
もう南禅寺とんでもない!
DSC01598_R.jpg
DSC01609_R.jpg
DSC01612_R.jpg

破損仏はほかにも。
神像なんかもちらほらまぎれていらっしゃって、つくづく凄いところであることを実感します。
他にも仏像がいるけど、もう紹介しきれないほど。
大柄な二天立像は上原仏教美術館で開催される「伊豆を守護する仏たち~忿怒の仏~」展にお出ましだったのでお留守、この方には美術館でご対面でした。
DSC01603_R.jpg
DSC01604_R.jpg
DSC00355_R.jpg

しかしこれほどまでの像がなぜこんなにも数多く居るのか?
管理のおじさんによれば、この付近に那蘭陀(ナランダ)寺という奈良時代創建の大寺院があってえらく繁栄していたらしい。
それが山崩れで一夜にして寺が消滅、凡そ200年ちかく土中に様々なものが埋まっていたそうな。
先ほどの薬師如来も含めて南禅寺にいらっしゃる仏様は地中に埋まっていたものを掘り出したものだそうで、今でも数多くの像や寺宝が埋まっているらしいとか。
このあたりの土は粘土質で、水や酸素とうまい具合に遮断される形で埋まっていたことが、長いこと埋まっていたわりに状態が良い像が多い理由の一つでもあるとのこと。

なぜ伊豆の突端に近いこの場所にこれだけの大寺院があったのか、当時の資料も今は他の理由で消失したらしく謎に包まれたまま。
全ては南禅寺の堂内に佇む尊像が静かに語りかける声から読み解くしかない。


大きな地図で見る

伊豆極楽苑

静岡県伊豆市 伊豆極楽苑(2011/12/11)

川崎から伊豆って日帰り旅にもってこいの距離、そして良い感じのボリュームなんですよ。
頻繁に行くわけではないけど、年に二回は行くかな。
その伊豆半島の付け根よりちょいと下あたりに全国区知名度の修善寺があるわけです。
伊豆の修善寺には観光資源が盛りだくさん、温泉街もしっかりあっていつも賑わっています。

でね、修善寺に遊びに行って来たなんて話はよく聞くわけなんですが、修善寺まで行ったのなら国道136号線を少しだけ南下して訪れなくちゃならん場所があるのです。
そう、伊豆にはね、、、、、

地獄

があるのですよ。
正しくは地獄と極楽の予習が可能な場所で、今のうちにあんなことこんなことな悪い事をしないほうがどうも良いらしいという事が分かっちゃうんですね、言わば死後の予備校ですよ。
こんな濃い体験が出来ちゃうスポット、その名を、

伊豆極楽苑

といいます。

伊豆極楽苑

といいます。

伊豆極楽苑

といいます。
大事なことですから3回書きました。
え?今でも日常が地獄みたいなもんだから予習なんていらないって?いやいや、死後の地獄をなめちゃあいけませんぜ。
辛いなんてもんじゃないですからね、引き裂かれたりすりつぶされたり。。。
まあ見てなんぼですから行ってみましょう。


さて、するっと車を流しているとやたら陽気な鬼を発見!ピースかましてますよ!
そう、これが伊豆極楽園の目印の赤鬼さんです。
ニコニコしてるからって気軽に近づいちゃダメですよ、相手は鬼ですからね。
ふざけた奴には躊躇わず蹴りを打ち込んでくるためでしょうか、安全確保のために足下に柵も設けられていますね。
あまり近づきすぎないよう気をつけましょう。
DSC04065.jpg

車を停めて色々見渡すとおもろい看板やらいろいろ沢山あります。
まずは見てみましょう。

大抵の人は「ふつうの人」「わるい人」のラインに流れる事になると思います。
「よい人」になれたら極楽直行ですからそうありたいと思いますが、、、なかなか難しいですね。
「みうらじゅん&安斉肇の勝手に観光委員会」の取材を受けた旨も記してありますぜ!
DSC04063.jpg

愛の逃避行、鬼カップルバージョンの顔出し来たー!
添い遂げられる代償なら地獄行きも苦じゃないぜ!という人は顔出ししといて損は無いですよ!
顔出し見つけるとテンション上がるわあ。
DSC04067.jpg

今度は地獄の釜茹で顔出し!
どうせ出すなら箸でつままれるところでしょ!
右下の涼しい顔で茹でられるのもいいな、けどちょっと位置低く無い?!
DSC04066.jpg

極楽と地獄といえば仏教世界の話。
んで仏教といえば白い象ですよ。
、、、およよ?鼻が折れてお怪我されてますね。。
包帯も巻かれて時間が経っていますよ、多分若い象ではないから治りが遅いんですかねえ。
DSC04068.jpg


ではいよいよ館内へGO!地獄へGO!!!
受付横にはパネルがあって、みうらじゅん先生をはじめとした有名人の方々の写真がならんでますよ。
DSC04069.jpg
IMG_6220.jpg

館内に入るとずらりと著名人たちのサインが居並びます。
やはりみうらじゅん先生のサインもありますよ。
地獄コンサルタントの顔を持つみうらじゅん先生のサインがあるということは、この場が本物の地獄であることですからね、いよいよ気合込めて歩み入ります。
IMG_6195.jpg

と、ここでまずは学習の時間。
死後のフローチャートについて学びます。
細かくは是非訪れて聞いて頂きたいのでここでは割愛しますが、十王裁判官による49日判決システムが大変分かりやすく学べますよ、本気でこの講義はオススメ。
差戻し審に相当する審判もあるとか皆さん知ってました?
DSC04070.jpg

ひとしきり死後のフローチャートについて学び、どうも極楽直行はムリだと認識したところでいよいよ地獄巡り開始です。
まずは三途の川を渡っていくところから苦しみは始まります。
渡り方に三種類の方法があることから三途というそうです。
ではその三種類とは「   」と「   」と「   」であり、二番目の「   」は特に”          ”なことになっていて本当に大変そうです。
あ、このブログを見る環境によっては括弧内が空白に見えるかもしれませんね、その場合には伊豆極楽苑に行くべきですよ、括弧内の言葉が書いてありますから。
DSC04073.jpg

おっと、横には賽の河原も。
早くにして親と死に別れた子供たちが三途の川を渡れず苦しんでいます。。。
歳をとるとこうしたシーンを見るのがどうも苦手になりまして。
お地蔵様、どうぞ宜しくお救い下さいませ。。
DSC04077.jpg

途中にも十王のお話などが色々ありましたが、いよいよ今度は閻魔大王とご対面ですよ。
十王のうちで最も有名なお方ですからね、どうせならしっかりお会いしておいたほうが良いに決まってます。
容量無制限の地獄界クラウドサーバーに生前の行いが全て記録されているわけですから、尋問されたらへたなこと考えず素直に答えた方がいいですね。
そういえばそろそろ亡くなって一年になるスティーブジョブズ、彼は曹洞宗のブッディストですから閻魔様の前で自身の生前の行いや地獄界のIT革命についてなど熱いプレゼンを繰り広げたに違いないはずです。
どのような内容だったのかを司緑さん司命さんにこっそり聞いてみたいと思っています。
ひょっとすると既に閻魔様の片腕にはiPadが携えられているかもしれませんよ。
DSC04084.jpg

計7つの審判を経て、いよいよ最後は六道の辻に出ちゃいました!
六道輪廻、六道に繋がる鳥居は自身で選べるのですが、どこへ行くかは前世での行いと十王判決で既に決まっているというウルトラ出来レースな恐怖の鳥居が並びます。
こうなったら意のままにすすむしかありませんね、私ならスタンダードな赤い鳥居を選びますが、果たして行き先は?!
こればかりは本番を迎えてみないとわかりません。
DSC04080.jpg

このあと六道についての解説などがありますが、いよいよ本格地獄ゾーンへ突入!
地獄といっても一言で言えるほど簡単なものではありません。
ここからまだありますよ、罪の重さに応じて等活/黒縄/衆合/叫喚/大叫喚/焦熱/大焦熱/阿鼻の八つの地獄の行き先がありますからね、もう大変です。
お逝きなさい!と釈由美子のように言ってもらればまだ良いですが、そんなことはなく鬼に厳しく追い立てられてそりゃもう地獄in地獄、どうしようもありません。
ここからは私の下手な文を抜いてビジュアルでお伝えです。
DSC04085.jpg
おお!Σ(゚д゚lll)
DSC04091.jpg
おおおお!!Σ(゚д゚lll)
DSC04100.jpg
おおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ、、、、Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)Σ(゚д゚lll)
DSC04103.jpg

ね、もうエラい事になっちゃってるでしょ?
やっぱり地獄は怖いですよ、ね。
けどね、伊豆極楽苑に来ると極楽行きが確定しちゃうっていうとんでもないオマケが付きますよ!!!
だから私も平成23年12月11日付けで極楽直行が確約されているのです!やったぜ!
その仕組みは行くと分かります。
地獄予習の最後に追い打ちを掛けるように、ギャル赤鬼がトップレスで地獄との別れを告げてくれます。
DSC04104.jpg

地獄の見学が終わり、清く生き、地獄に堕ちぬための戒律が書かれたゾーンを抜けます。
地獄から戻ってくるイメージで、写真より幻想的に感じます。
IMG_6211.jpg

暗い道を戒律読みつつ明るいところに抜け出しました。
気がつけばそこは極楽!
ふと振り返ると広がる極楽風景にニクい演出だぜ!と思わずニンマリの印象です。
地獄を知らなければその対極にある極楽の素晴らしさも分からないわけで、散々地獄の予習をしてきた身としてこれほど美しい光景はないな、と感じる瞬間です。
DSC04105.jpg

死後の世界を疑似体験して恐ろしくも気持ちよく見学できる場所、それが伊豆極楽園です。
何と言っても良いところがご家族で伊豆極楽園を切り盛りしていらっしゃる点であり、とてもアットホームな感じが溢れているという、他にあまり見かけぬテーマパークであるところです。
単に怖いもの見たさで行くも善し、子供の躾のために連れて行くも善し、道路沿いの赤鬼に引き込まれて立ち寄るも善し、さあ皆さんも迷わず伊豆極楽苑へ行ってみよう!!!


ここまでは敢えて触れずに書いてきましたが、実は伊豆極楽苑の苑長である青鬼丸さんとはTwitterを通じてのお知り合いでして、他の方の伊豆極楽苑訪問ツイートを見る度にいつか私もと思っていたんです。
その夢叶っての訪問記録をダイジェストでブログに綴ってみた次第です。
ブログに載せた写真などはほんの一部で、まだ他にも沢山の展示パネルやジオラマがありますよ。
伊豆極楽苑の魅力はいくらブログで書き立てたところで多分ちゃんと伝わりませんから、実際に是非是非訪問してみて欲しいと思います。
大仏専門家として有名な坂原弘康先生も一押しのスポットですよ!

伊豆極楽苑公式WEBページ → http://izu-gokurakuen.com/


○余談1
青鬼丸さんは若い頃に絵を学ばれていたそうで、日本の絵画談義にも花が咲きました。
お土産として色紙に地獄に関する絵を描かれて販売されています。
私は鬼のデッサン図にビビッと来たのでその色紙をお買い上げ。
いまはリビングに飾っていますよ。
貴重な古い北斎の画集も見せて頂きました。
IMG_6222.jpg


○余談2
伊豆極楽苑二階、極楽があります。
極楽といっても大人向けのものでその名を秘宝展といいます。
分かりやすく言えば秘宝館なのですがちょいとだけ毛色が違うところがあり、それはこの伊豆が真言立川流の勃興の地でありそれに関する展示もある点です。
内容が内容だけにブログでは書きませんが、是非立ち寄ってAKBとはちょっと違う48に魅入りましょう!
IMG_6218.jpg




大きな地図で見る
プロフィール

nkmrng

Author:nkmrng
本やメディアで知るも良いけど、やはりこの眼で見なくちゃね。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。